新型

新型スペーシアの価格は?購入時の費用とオススメグレードを紹介!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

今回はスズキ・スペーシアの価格をグレードと他車との両面から比較、実際の装備の違いなどを取り上げます。

そして購入時にかかる費用諸々を合わせて考えてみましょう。

ただ安いだけでは決められない!やっぱりオススメグレードはこれというものをご紹介します。

【スズキ・スペーシア】価格・値段

スペーシアの車両本体価格を比較

スペーシアの車両本体価格はGグレードで税込み1,333,800からです。

ホンダ・N-BOXは1,385,640からと5万円ほどの差があります。

加えて燃費で3㎞の開きがありますのでスペーシアはとてもおサイフに優しいクルマといえます。


http://www.suzuki.co.jp/car/spacia/styling/

そしてスペーシア・カスタムはXSグレードで1,690,200、ターボ車は1,787,400が税込み車両本体価格です。

N-BOXカスタムは1,698,840、ターボ車は1,895,400となります。

ターボ車は価格差が大きくお得感があります。

こうした点を見てもライバルを意識しつつ競合できる強みをもっています。

もしこの価格を少しでも抑えたいならやはりホンダ・N-BOX競合させることをオススメします。

ホンダもこのハイトワゴンナンバーワンを維持したいことでしょうし、スズキはその牙城を崩したいところなので直接対決が一番効果的です。

もうスペーシアと心の中で決めているとしてもこの方法が一番値引きを期待できますので、心苦しいかもしれませんがオススメの方法です。

総合値引き

加えて注意したいのが値引きは細かく分けて本当にオトクなのかを確認します。

まずはじめに車両本体の値引きです。

そしてオプション品の値引き、さらに下取り車の価格などになります。

営業マンとの話でまず決まってくるのは車両本体値引きと下取り車の見積もりでしょう。

例えばもしはじめに車両本体の値引きが8万円で下取り車の見積もりが50万円だったとします。

すぐに決めてもらえるなら15万までなんとか頑張りますといわれたら、すごくお得な買い物をできたように思うのではないでしょうか?

http://www.kuruma-sitadori.com/new-car-purchase/dealer-new-car-discount.html

でも事前に下取り車を査定していて査定額が65万円と言われていたら、値引きを増やしてもらうよりも下取りを別で売った方が安く買えるという場合もあります。

それで自分の乗ってきたクルマの査定価格を知っておくというのはとても大切です。

そしてさらにオプションでも値引きができればプラスアルファで値引き幅を上げることが期待できます。

ちょっとしたことで大きな差が出ますので少し時間や労力はいりますが、ぜひオススメしたい方法です。

スポンサーリンク

【スズキ・スペーシア】購入時にかかる費用もろもろ

諸費用にいくらかかる?

まずスズキ・スペーシアにかかる諸費用から見ていきましょう。

登録のための諸費用から

自動車取得税が14,600円

自動車重量税が3,700円

自賠責保険料(37ヶ月分)が35,610円

販売店諸費用はこちら(店舗によって多少違いがあります。)

検査登録(ナンバー届け出)代行手続きが26,300円

車庫証明代行手続きが(11,300円

納車費用が(9,720円

リサイクル関連費用が9,600円

JAF道路サービス費用(6,000円

カッコ内は自分で行なったり、省いたりできるものです。

さらに加えて希望ナンバー取得やメンテナンスパックを希望されるなら別途費用が必要になります。

これらの合計を合わせると116,830円となります。

こちらは新車の見積もりをだしてもらったときに、見積書に記載されていますので比較してみてください。

自動車保険

加えてクルマを購入したら必ず入るのが自動車保険です。

乗り換えであれば保険屋さんに連絡をして改めて見積もりをだしてもらいます。

これまでの等級を継続することになりますので保険料はまちまちだと思います。

それで年代別のおおよそを挙げてみたいと思います。

ちなみにさまざまな装備を備えたスペーシアということもあって車両保険付きの目安となっています。

20代の保険料は4万円後半から5万円前半

30代の保険料は4万円前半

40代の保険料は4万円前半

50代の保険料は4万円前半

やはり若い方はどうしても高くなります。

https://www.ms-ins.com/personal/car/hajimete/

ちなみに車両保険といっても単独事故や当て逃げなどの保証を外す限定的なものであればもう少し安くなります。

「一般車両」「エコノミー」の見積もりを出してみて金額差と日常の乗り方を考慮して選ばれることをオススメします。

今のクルマは複雑な装備がついているのでこの記事で挙げているようにとても高くなっています。

事故を起こしたときに修理見積もりが簡単に50万円を越えたりしますので車両保険はぜひ入っていてください。

スポンサーリンク

【スズキ・スペー̪シア】グレード比較、おススメはこれ!

グレードの違い

スペーシアにはGXというグレードがあります。(カスタムはGSとXS)

価格差はというと135,000円です。

その金額差に含まれている装備が

助手席シートベルト警告灯、助手席シートベルトリマインダー、ロールサンシェード、後席左右ワンアクションパワースライドドア、スライドドアクローザー、スリムサーキュレーター運転席シートヒーター

チルトステアリング、助手席バニティーミラー、後席アクセサリーソケット、ラゲッジルームランプ

運転席シートリフター、後席スライド用ストラップ

フロントアームレストボックス、助手席シートバックポケット

メッキフロントグリル、プレミアムUV&IVカットガラス(フロントドア)です。

主に大きな違いとなりそうなところを太字にしてあります。

http://www.suzuki.co.jp/car/spacia/interior/

これに加えてステアリングオーディオスイッチ、LEDヘッドランプ、ポジションランプ、サイドターンランプ付ドアミラー、2トーンルーフ、ルーフレール、アルミホイールXのグレードでしかオプション選択ができません。

この中でどうしてもつけたいものがあればグレードはXということになります。

オススメグレードはX

上記の装備を踏まえた上で筆者がオススメしたいのはグレードXです。

スペーシアを選ばれる方の大半は一人で乗られるということが少ないと思います。

頻繁に赤ちゃんやお子さんを乗せて走ったり、家族を乗せる機会が多いからこそスライドドアで室内がゆったりとしたクルマを検討されているのではないでしょうか?
http://www.suzuki.co.jp/car/spacia/interior/

そうであればチャイルドシートがついている後席にロールサンシェードがあったり、車内の空調を快適にコントロールできるスリムサーキュレーターなどはとても良い装備といえます。

特にスペーシアにしかない装備はこのクルマを選ぶ決定打となりますし、購入するならその装備をつけていただきたいと思います。

試乗車などはほとんどがフル装備のため装備していないものと比べることは難しいと思います。

なのでぜひ試乗車でその装備の良さを味わってください。

実際に五感をもって触れて感じてこれはいいなと思うことが一番大切です。

もしその上で必要ないと感じるようであればGグレードでも問題はないでしょう。

大切なのはここで挙げたように装備を比較することです。

価格差だけでは決して計れない部分がありますので、この装備はついていてほしいというものを考慮して決めましょう。

なくても我慢できるのか、あとから後悔してしまうのか、悩みぬいて答えを出し、自分が心から満足できる自分だけのスズキ・スペーシアを手に入れられることをオススメします。

スペーシア、スペーシアギアが値引き金額から更に 50 万円安くなる裏技とは!?

「スペーシアギア欲しいけど予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、スペーシア、スペーシアギアの
購入を検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサーリンク